ネットショップ運用に必要な仕事とは?ECサイトの仕事内容について

注文ボタンをポチってから荷物が届くまでワクワクしていた時代は過ぎ、ネットで注文をしたら欲しい商品が手元に届くというのが当たり前という時代になってきたと感じています。その当たり前な事の裏でどんな方がどんな仕事をしているのかを簡単にまとめてみたいと思います。これからネットショップを起ち上げようという方やEC業界で働きたいという方の参考になれば幸いです。いちよう小規模~中規模のショップさんを想定しています。

お客さんに一番近い存在。受注・サポート担当

PCを使いお客さんから注文が入ったらその内容を確認し適切な受注処理をします。注文内容を確認し支払いに不備がないか、お客さんから何か要望があがってないか、などを確認し発送処理にまわしていきます。発送指示書を作成し梱包担当者に引き継ぎます。また、受注とは別にお客さんからのメールや電話サポートを兼任する場合が多いです。

一番お客さんに近くにいて、お客さんの声を拾ってくれるのもここです。時にはクレームを受ける場合もありますが「ありがとう」と言われるのも一番多く、人との接点の少ないネットショップでは貴重な存在です。

荷物がきちんと届きますように。梱包担当

主に倉庫でのお仕事になります。発送指示書などをもとに注文の入った商品をピッキング(品出し)し、箱詰め、伝票を貼り宅配業者に引き渡します。お店によってはラッピングをすることも。宅配業者に何時までに荷物を引き渡さないといけないというルールが存在するので、繁忙期は間に合わせるために皆必死になり戦場と化すこともしばしば。

完全に裏方の作業ですが、丁寧に発送すれば「このお店はきちんとしてる」とお客さんからの高評価につながり、ミスがあれば信用を失いかねない、とても大事なお仕事です。

あなたの見ている画面を作ります。WEBデザイナー

お客さんがPCやスマホで見ているショップサイトの画面をデザインし作っていきます。お店のトップページから、商品ページやセールページへ誘導するバナーなどの小さなものまで。たいてい商品写真の撮影なども兼務している場合が多く、WEBデザイナーといってもデザインだけではないのがネットショップのWEBデザイナーの特徴でしょうか。

一見華やかに見えますが、意外とEXCELを使ってデータを整理したり、テキストの修正をしていたりと地味な作業が多いため「思ってたのと違う」という方も。またネットショップでは、きれいなサイトを作るだけではなく接客を意識したデザインができるかも大事になります。

ショップの良さを皆にアピールします。マーケティング担当

お客さんにお店や商品をアピールしサイトに来てもらえるように頑張る担当です。主にメールマガジン、SNS、販促物などのツールを使って発信をしたり、広告を出して集客してみたりと方法は様々です。効果測定や分析なんかもします。店長が担当していたり、他の業務と兼務していたりすることも多いです。

効果が目に見えやすく成功すれば売上にかなり貢献できるため、やりがいも大きいです。鳴かず飛ばずでも折れない心と常に試行錯誤する行動力が必要です。

これ売れるかな?バイヤー・仕入れ担当

お店の種類により仕事内容は大きく変わりますが、基本的には新商品を探し仕入れ交渉をします。自社商品を売っているメーカーさんなどでは不要かもしれませんが、セレクトショップではこの担当者が居ないと始まらないぐらい重要なポジションです。店長や経営者が担当している場合が多いと思います。

売れる商品を見極める嗅覚が必要になります。時代の流れに敏感でフットワーク軽く、交渉のできる話術も必要になります。仕入れた商品が完売した時の喜びは何ものにも代えがたいものがあります。

数字にはシビアになります。売上管理

基本的に店長や経営者のお仕事になるかと思います。お金の動きをまとめて数字にします。売上金額はもちろん、仕入れ原価、コストなどを計算し最終的にいくら利益がでたのかを計算していきます。それらの数字は今後の経営判断をする上で大事な指標にもなります。余裕があれば税理士さんにお願いできる事もあるようです。

小さなお店さんではどんぶり勘定な事も多々。「黒字だと思ったら赤字だった」なんてシャレにならない恐ろしい事になりかねませんので、しっかり管理しましょう。

主なお仕事はこんなところでしょうか。こんなお仕事があってネットショップは成り立っているわけですね。小規模のお店になれば上記のお仕事をいくつか兼任されている方が多いと思います。それぞれ1つずつを極めようとするだけでも深いのに、兼任をされるとか本当に大変な事かと思います。

ネットショップは簡単にリスクも少なくお店を持てますが、お店を運営していくのは決して簡単ではないようですね。

ネットショップの長時間労働について振り返る

ブラック企業だの長時間労働の規制法案などなど、何かと労働環境の話題がホットですね。
かくいうネットショップの現場も、ブラックなところが多いよな~って事で、私のネットショップスタッフ時代(2006-2012年頃)の記憶を呼び出してみようと思います。
※もちろん全てのショップさんが長時間労働をされてるとは思いません。ただ、他のお店のスタッフさんとお話してても「毎日終電」とか「泊まり込みで仕事」など良く聞く話なので、業界全体がそういう傾向にあるとは感じています。

まず、ネットショップスタッフを辞める前の私のとある平日夜。

「あれ、もう19時半!仕事終わらないな~、よ~し今から本気だしちゃおう☆ 終電になっちゃうかな~?」

当時は毎日こんな感じでした。完全に感覚がマヒしてしまってます。
色々とつっこみどころが満載ですが、

  • 定時19時で終わらせる気がサラサラない。
  • 仕事終わらないことに気づくの遅すぎ。
  • それまで何してたんだ。本気だすの遅すぎ。
  • むしろ朝から本気だしときなさい。
  • どうせ終電まで帰れないでしょ、って思ってない?

などなど。

なぜこんな状態になってしまったのか振り返ってみたいと思います。 続きを読む

Black Friday(ブラックフライデー)がやってきた

image

こんにちは。keikoです。
年末商戦の時期ですね。皆さま今年の仕込みはバッチリでしょうか?

今年の年末商戦をぼんやり見てると、外資系小売店を中心に”ブラックフライデー”のプロモーションが多かったように見えます。アメリカの伝統的なお買いものデーなのですが、日本でも流行らせようという動きがあるようですね。
来年のためにも少し調べてみましょう。

ブラックフライデー(Black Friday)とは?

アメリカ発祥。1年で1番買い物が盛り上がる日。50%~80%OFFなどの大盤振る舞いがあちらこちらで見られ、お店もお客さんも熱い1日となります。
毎年サンクスギビング(毎年11月の第4木曜日)の次の日の金曜日に開催され、街はこの日を境にクリスマス商戦に突入していきます。
サンクスギビングから休みを取る人も多く、都市部ではショッピングエリアは大混雑。警察も出動し人混みで真っ黒になるのでブラックフライデー(Black Friday)と呼ばれるとか。

ブラックフライデーの効果について

それではブラックフライデーとは、いったいどのくらい熱いのでしょうか。
まずは今年のアメリカでの売上高を調べてみました。

民間調査会社ショッパートラックによると、サンクスギビングとブラックフライデー2日間の小売店売上はおよそ121億ドルとみられています。
さらに、アドビシステムズ社によるとオンライン経由での売上は44.7億ドルだそうです。
(ソース:
-CNN Black Friday isn’t as special as it used to be
-CNN Mobile shopping surged on Black Friday)

2014年の日本での通販売上高はおよそ6兆円(480億ドルほど)といわれてますので、この2日間のインパクトは凄まじいものですね。

日本でもブラックフライデーは定着するのか?

ブラックフライデーは今やアメリカだけでなく、カナダやイギリスでもイベント化されつつあります。・・・が、肝心の日本ではどうでしょう?

日本で開催するにあたっていくつか懸念点があります。

まずは、イベント感、スペシャル感が足りない。
そもそも日本にはサンクスギビングがありませんので、ショッピングを盛り上げる動機付けが別に必要かなと思います。やっぱり雰囲気は大切ですよね。

次に気になるのは、ボーナスの時期にはちょっと早く、お財布が寂しい時期だということ。
通販の場合カード決済のお客様も多いのでフライングしてお買いものをされる方も多そうですが、やっぱり気持ち的には現金が入ってからがお買い物モードになるのではないでしょうか。

また日本では、ブラックフライデーの後にもボーナス商戦、クリスマス、お正月の初買い&福袋と買い物シーズンが続くので、お客さまが息切れしないか、他のイベントに影響するのではないかなどが心配されます。

ざっと挙げてみましたが、こんなところでしょうか。

日本ではこのイベントが定着するのに少し時間がかかりそうかな、と私は考えていますが皆さんはどう捉えましたか?

とはいえ、現状に満足して何もしないわけにもいきません。
今年は大手ショップさんたちもブラックフライデー押しが多かったので、来年は皆さまのお店でも企画されてみて一緒に流れに乗っかってみてはいかがでしょうか?

ちなみにアメリカでは、ブラックフライデー後の月曜日は「サイバーマンデー(Cyber Monday)」と呼ばれ、オンラインショッピング版ブラックフライデーを流行らせようとしているようです。
まだまだ大きな流れにはなってないようですが、今後に注目ですね。